ありがとうございます!

JUGEMテーマ:ヘアサロン

2019年9月30日、、、

 

1年前の今日

人生で1番、間違いなく1番大変な1日でした。

 

29日まで営業し(それでも17:00までの早仕舞いにした)

荷物をまとめ、運び、途中で曙橋まで師匠に挨拶に行き、戻ってきてさらに荷物を運び、車を返したのが24:00。(車で8往復した😭)

ダンボールで埋め尽くされた「新店舗」。(比喩ではなく外にもダンボール積んであった)

 

なぜこんなことになったしまったのか。

 

午前2:00くらいには疲労困憊で一旦帰宅して、3時間寝て、早朝 ボクは旧店舗、妻は新店舗に向かう。

 

7:00に旧店舗に業者さんが理容椅子・シャンプー台・ボイラーを撤去しにきた。

プロの仕事は早く、あっという間に旧店舗はガラーンとした。

 

残ったものを片付け、必要なものを台車で運ぶ。(距離約800メートル)

 

約15坪の旧店舗から10坪の新店舗へ。

3分の2のスペースに元々あったモノを運び込む。そもそも無理があった。

 

妻は新店舗でダンボールを開き、とにかくモノを棚に入れていく。

新店舗は格好良さを優先したので「収納」がかなり少ない造り。

 

床面積が狭く収納が少ない。いや、無理だ。

「場所」と「モノ」のバランスがそもそもおかしいんだもの。

 

その上、片付けたいボクたちの意に反して、残工事の

現場監督さん

電気工事屋さん

水道屋さん

NTTさん

ゆか屋さん

設備屋さん

椅子のメーカーさん

など常に狭い店舗におじさんが5〜6人。多いときは10人くらい。

「足の踏み場もない」

まさにそんな状態。

 

更にお祝いのお花やお酒などを宅急便が次から次へ持ってくる。

 

有難い。有難いけど。

今「モノ」増やさないでくれ〜〜〜。と心では思ってました。

 

18:00ごろにやっと工事関係の方々が作業を終え帰って行きました。

 

ダンボールはこの時点でまだ6割くらい残っていた。

妻と二人。もうヘトヘト。

 

しかし10月1日10時。そう、明日の朝にはオープンしないとならない。

有難いことにもう予約が入っていました。

 

「やろう!」

 

どこに何を仕舞う。

そんなこと考えていたらもう無理だ。

 

とにかく箱を開け、「モノ」をどこかに置いていく。

 

置けないモノは二キロ弱離れた自宅に台車で持って帰る。

 

日付が変わるちょっと前、、、

なんとか形になった。(無理やり押し込んだ)

 

明日からやれるのか?

不安?

もちろん不安だった。

 

レジシステムとか完全に新しくしたし、シャンプー台も新しいシステム。

 

これから新規でやる方にアドバイスするならば、、、

「プレオープンした方がいいよ。」です笑

 

ぶっつけ本番、セルフ引っ越し。

 

『まぁ俺ならやれんだろう!』

この根拠の無い自信がこの惨状を招きました。

 

しかし人間、追い詰められればやれる。

 

開店初日、疲れと緊張と新しいシステム。

ほとんど記憶がないです。

 

そんなこんなで本日、丸1年!!!

有り難うございます!!!

初心を忘れず心を込めて2年目もやっていきます!!!

 

宜しくお願い致します